年収300万円台で借金が有っても家は買える

転職が与える住宅ローン仮審査、本審査への影響とは!?

calendar

もずく屋
給料が今より上がれば住宅ローンも楽に返せるのに
そんな風に考えた事は一度や二度ではありません。

現状の仕事への不満・不安は転職を考えるキッカケになります。

住宅購入を考えていると、
どうしても住宅ローンの返済に対して自分の年収が不安になってきます。

ライフプランも作成して、
現状の年収でも十分に住宅購入が可能と見積もれたとしても、
不安は付きまといます。
私も住宅購入へ行動を起こす前に、
資格取得によるステップアップ&年収アップを考え、
他業種への転職を視野に入れていました。

しかし
・資格の勉強の期間
・転職するまでに掛かる期間
・自分の年齢
これらを考慮した結果転職は不利と判断しました。
現在の職で少しでも年収アップを目指しながら、
住宅購入へ行動して行く事を選択しました。
この結論を出すまでに時間もかかりましたが、
なにより、現状の仕事への不満を口にする事が多くなり、
奥さんに心配をかけてしましました。

スポンサーリンク

そもそも転職してすぐに住宅ローンは組めるのか

住宅ローンの融資条件には勤務期間が設定されている場合があり、
設定されている勤務期間自体は銀行によって異なっています。

・住信SBIネット銀行
申込日の時点で転職後3ヵ月

・ソニー銀行
勤務期間による申し込み条件は無い

・楽天銀行の【フラット35】
勤務期間に関する記載が無い

・オリックス銀行
同一勤務先に3年以上の勤務
自営業の場合も営業開始後3年以上経過

調べてみると様々な勤務期間の設定が出てきます。
(上記の銀行で住宅ローン契約を考えている場合には、
勤務期間の設定が変わっている場合がありますので、
必ずご自身で確認をとって下さい)

昔は3年以上勤務している事が条件になっている事が多かった様ですが、
現在では勤務期間(仕事を辞めずに働く人は返済が滞らない)を重視するよりも、
単純に年間合計返済額の割合
(住宅ローン含む全てのローンの返済を現在で収入で返済して行けるか)
の重視に状況は変わって来ている様です。
これだけを見ると、
転職してからの勤務期間が短くても住宅ローンは十分に組む事が可能でしょう。

最後に

年収アップを目指し転職をしたとして、
そこからすぐに住宅ローンが組める可能性は十分にあります。

ただし、転職ありきで行動するのはオススメできません。
最終的に住宅購入をする為の転職です、
転職してから住宅購入を考える事が目的ではありません。
手段が目的とならない事がなにより大事です。

繰り返しになりますが、私は悩んだ末に転職しない事を選択しました。
自分だけの為の転職では無く家族の人生にも大きく関わるの事ですので慎重さは忘れない様にしましょう。

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください