年収300万円台で借金が有っても家は買える

火災保険の付帯補償 ~水災について~

calendar

今回は火災保険に付帯出来る各種補償の中から、
「水災」
についてピックアップします。

なぜ水災についてなのかと言えば、
水災を付ける付けないで保険料が大きく変わってきますし、
洪水や高潮だけでなく様々な災害から受ける被害も水災でしかカバー出来ないからです。

水災についてしっかりと知識を身に付けておかないと、
保険料でも、実際に災害にあった場合でも
思わぬ損をしてしまう場合があります。

しっかりと水災について勉強してから、
火災保険の契約に向かいましょう。

スポンサーリンク

水災とは

台風に代表される暴風雨、
近年発生の頻度が上がっているゲリラ豪雨等、
雨に起因する災害によって受けた被害を補償する物です。

その為どの被害までが水災の範囲なのか、
水災とは思っていなかった災害も実は水災で、
付帯させていなかった為に補償されなかった話もあるようです。

水災が適用される被害

1台風で近くの川が氾濫し、床の上まで浸水し家具も水浸しになった
2集中豪雨による土砂崩れで、家のなかに土砂が流れ込み被害に遭った
3豪雨により裏山で土砂崩れがおき、建物に土砂が寄りかかり外壁と柱が傾いた
4ゲリラ豪雨でマンホールの排水が追いつかず、浸水被害に遭った
5集中豪雨のさなかに雨漏りがおこり、家具が台無しになった
6記録的な大雨により高潮が発生し、海水が防波堤を超え被害に遭った
7台風による大雨で、車が水没してしまった
8記録的な大雨で土石流が発生し、家が流されてしまった
9豪雨で自宅の塀が壊れ、隣家の車を傷つけてしまった
10強い雨風のなか、庭に置いてあるものを家のなかに入れようとしたら滑って転びケガをした

価格.com 水災(水害)とは? 火災保険で補償される範囲とされない範囲より引用

洪水や高潮等の水による直接的な被害以外にも、
雨による土砂崩れや土石流、
雨漏りの一部による家への被害。

また家以外にも家財や車、
隣家への被害も雨が起因の物なら水災が適用されてきます。

雨による被害の全てに適用されるわけではありませんが、
雨による被害は水災でしか保証されません。

水災の対象範囲と支払い要件

補償範囲は、

火災保険では、保険の対象を建物のみ、家財のみ、建物と家財の3つの中から選びますが、
保険の対象をどのように選択するかによって、水災に遭ったときに補償される損害が異なります。
保険の対象を建物のみとした場合、
建物本体だけでなく、
建物がある敷地内に設置されたもので、かつ保有しているものは補償されます。
床暖房やトイレ、システムバス、システムキッチンなどのように、建物のなかにあるものでも動かせないものは建物とみなされます。
保険の対象を家財のみとした場合、建物がある敷地内に収容される家財が補償されます。
家具やテレビ、冷蔵庫などの家電製品、自転車など生活用動産が該当します。
保険の対象を建物と家財とした場合は、建物と家財の両方が補償されます。

価格.com 水災(水害)とは? 火災保険で補償される範囲とされない範囲より引用
以上が対象範囲となります。

そして万が一被害にあった場合、
どのくらいの被害から水災の補償から保険金が支払われるかの要件ですが、
再調達価額の30%以上の損害を受けた場合、床上浸水または地盤面から45cmを超えて浸水した場合
となります。

再調達額は呼び方の算出額も各保険会社で設定されていますので、
詳しい額などは交渉している担当者の方に聞くのが良いでしょう。

また「地盤面から45cm」の地盤面とは、
建物が建つ地盤の中で一番低い部分の事です。
通常は1階の基礎部分の一番低い所になります。

まとめ

自分の住んでいる地域の周辺の環境や地盤の頑丈さ、
自治体から発表されている浸水被害のハザードマップ等、
様々な環境や資料を元に水災の補償が必要か判断しましょう。

私が住んでいる地域は、
ハザードマップで浸水の被害が想定されているエリアに隣接している事、
小規模であるが過去何度か氾濫をしている河川が目と鼻の先にある事を考慮して水災の補償を付けました。

保険料は確かに上がりましたが、
水災の場合は被災してしまうと高確率で家がダメになってしまいます。

補償が無いと家を元に戻すのもままなりません。

最悪なのは家がダメになったのにも関わらず、
水災を付けて無かったから補償されずに、
住宅ローンだけ残ってしまう事です。

質問系のサイトでは水災付けた方がいいのかの質問が多く見られます。

その質問にたいする回答で、
「住宅ローンだけ残っていいなら外せば良い、
嫌なら水災が起こる可能性がゼロでないなら付けるべき。」
という回答が私の考えに一番近いです。

火災、地震、水災は家の立て直しになる程の被害を受ける可能性が高いです。

しっかりと水災について勉強して、
水災が必要かどうか自分なりに納得してから、
火災保険の契約に向かいましょう。

↓↓実際に利用した火災保険の一括比較サイトの詳細はコチラ↓↓
「イッカツ あなたの火災保険」 体験談
「イッカツ あなたの火災保険」 利用手順と必要な資料

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください