年収300万円台で借金が有っても家は買える

火災(地震)保険料の長期(10年、5年)払いと1年払いの徹底比較、どっちが安いのかメリットデメリットも調べてみました

calendar

火災(地震)保険の保険料の支払いには、
火災保険は最長10年、
地震保険は最長5年の長期分まとめての支払いと、
1年ごとに支払う方法があります。

私が火災保険を契約した時は、
特に深く考えずに、
保険料が安いという理由だけで火災、地震保険共に、
最長の10年と5年分をまとめて支払いました。

この選択が正しかったのか、
改めて保険料の1年払いとの比較をしてみたいと思います。

ちなみに火災保険の補償内容や保険料の金額については、
住宅ローン契約の為に! 火災保険について学ぼうや、
【口コミレビュー】火災保険一括見積もり「あなたの火災保険」を使って、多数の保険会社を比較して安く契約出来ました【体験談】
を参考にしてください。

スポンサーリンク

長期分まとめて払いのメリットとデメリット

メリット

・長期割引によって1年あたりの保険料が安い
・契約更新の手間が少ない

デメリット

・長期分をまとめて支払うため1回の保険料が高い
・契約内容の見直しが中々出来ない

1年払いのメリットとデメリット

メリット

・1年分で支払うため1回の保険料が安い
・契約内容の見直しが毎年出来る

デメリット

・長期割引が無いので1年あたりの保険料が高い
・毎年契約更新の手間がある

保険料を比較してみた

メリットとデメリットを確認したところで、
実際に各社の火災保険の保険料を比較してみました。

使用したサイトはi保険 火災保険比較サイトになります。

試算の条件

・建物構造:H構造
・建物の保険金額:1,000万円
・家財補償:300万円
・地震(建物):500万円
・地震(家財):150万円
・保険期間:1年、5年、10年
・補償内容は火災、落雷、破裂、爆発、風災、ひょう災、
雪災、水災、盗難、水漏れ、騒じょう、
外部からの落下飛来等、保尊汚損等

で試算しました。

試算の結果

保険会社 1年の保険料 5年の保険料 10年の保険料
東京海上日動 45,700円 202,050円 280,240円
日新火災 47,510円 207,100円 309,300円
セコム損害保険 40,730円 180,160円 259,990円
楽天損保 39,640円 174,430円 247,050円
SBI損保 1年払いは無い 195,050円 286,450円
損保ジャパン日本興亜 41,420円 191,760円 284,330円

各保険会社共に10年払いの保険料の1年当たりの金額が、
1年払いの保険料の62%~68%になるという衝撃の結果になりました。

まとめ

ここまでで、
火災(地震)保険の保険料の長期分のまとめて支払いと、
1年毎の支払いのメリットとデメリットや、
保険料の比較をしてきました。

これらを見てくると、
長期分のまとめての支払いによる1年当たりの保険料の安さというメリットは、
・長期分をまとめて支払うため1回の保険料が高い
・契約内容の見直しが中々出来ない
というデメリットを大きく上回ると感じました。

私は次回更新時も火災保険一括見積もり依頼サイトを利用して、
各社の火災保険を比較しながら、
長期分の保険料をまとめて支払おうと思います。

↓↓実際に利用した火災保険の一括比較サイトの詳細はコチラ↓↓
「イッカツ あなたの火災保険」 体験談

「イッカツ あなたの火災保険」 利用手順と必要な資料

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください