年収300万円台で借金が有っても家は買える

始めての固定資産税の詳細を公開します(平成29年度分)

calendar

2016年2月29日の住宅引き渡しから早くも1年以上が経過しました。

そんな我が家にも、
ついに固定資産税の請求が送付されてきました。

なかなか他人の固定資産税の詳細を見る機会はないと思うので、
せっかくなので公開してみようと思います。

過去記事にて固定資産税について調べてあるので、
↓コチラも参考にしてみて下さい↓
納付時に慌てない為に固定資産税について調べてみた

スポンサーリンク

課税明細書と納税通知書

こちらが実際の送られてきた課税明細書と納税通知書になります。

↑クリックすると拡大します↑

課税明細書が非常に読み解きづらいです、
もう少し素人にも読みやすい作りに変えられませんかね…

お役所仕事を愚痴っても仕方がないので、
さっそく解説していきます(笑)

実際の固定資産税

土地と建物の評価額(H29度)

土地155.81㎡に対しての評価額369万8451円、
建物床面積103.92㎡に対して評価額672万6577円となっていました。

H28度の課税標準額

土地の固定資産税課税標準額が63万6618円、
都市計画税課税標準額が127万3237円。
建物は新築で前年度には無い物なので記載なし。

H29度の課税標準額

土地の固定資産税課税標準額が61万6408円
(前年より2万ほど下がっています)、
都市計画税課税標準額が123万2817円
(前年より4万ほど下がっています)。
建物の固定資産税課税標準額が672万6577円
都市計画税課税標準額が固定資産税課税標準額と同じ672万6577円

それぞれを合計して、
固定資産税の課税標準額は734万2000円
都市計画税の課税標準額は795万9000円 となります。

固定資産税と都市計画税の計算

固定資産税は課税標準額×1.4%=7342000円×1.4%=102788円となり、
さらに軽減税額として47086円が適用されていますので、
102788円-47086円=55700円(10円単位以下は切り捨て)となります。

※軽減税額は建物が新築なので、特例措置が適用され建物のみの固定資産税が3年間半額になるためです。
6726577円×1.4%×1/2で470866円となります。

もずく屋
3年なんて言わずに一生軽減してください(笑)

都市計画税は課税標準額×0.3%=7959000円×1.4%=23800円(10円単位以下は切り捨て) となります。

これら2つを合計した79500円 が、
今年度の固定資産税の総額となります。

納税期限

私が住んでいる地域は5月の末に請求が来て、
6月、8月、10月、12月の4回に分けての納税となります。
(一括での納税も可)

6月の1回目の納税のみ22500円で、
残り3回は19000円の納税となります。

おわりに

今年度は初の固定資産税だったので物凄い怖かったのですが、
1年で79500円だったので想像よりも安かった印象です。

しかし、
新築の特例措置が無いと仮定すると、
固定資産税は102700+23800=126500円となるわけです。

3年後に特例措置が切れた時が恐ろしいですね…

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください