年収300万円台で借金が有っても家は買える

住宅ローンを少しでも安く契約する為に覚えておいて損の無い8項目

calendar

「家を買う=住宅ローンを契約する」のは人生の中でそう何度も経験する事はありません。
どちらかと言えば不動産投資などを行っている一部の人たちを除けば、
人生で一度きりという人がほとんどだと思います。

家を買う事について色々調べていると、
住宅ローンを契約するのに様々な費用が掛かる事がわかってきます。

今回は住宅ローンもお得に組もう!お金の疑問解決30という記事から、
気になったポイントや該当する参考記事を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

資金計画

親からの援助

親からの援助が期待出来る場合は以下の点を参考にしてください。

親や祖父母から住宅購入資金の援助を受けるときは、700万円まで贈与税が非課税になる特例が利用できる。
使い道自由な基礎控除110万円と合わせて810万円まで非課税に。
「片方の親から多くの援助を受けると、家選びに影響が出るケースも。
両方の親から受けるとベターです」

頭金

あればあるほど住宅ローンの契約には有利となります。

しかし、頭金を払い過ぎて貯金が無くなりすぎたり、
口述する諸費用等が足りなくなっても本末転倒となってしまいます。

資金計画に悩みすぎてしまう場合は、
モデルルームや金融機関等で行われている資金計画相談会に参加するのも非常に有効な手段です。

※引用部分は住宅ローンもお得に組もう!お金の疑問解決30からとなります。

住宅ローン

いくらまで借りられるのか、
金利のタイプはどうするのか、
住宅ローンに関する悩みは、土地や間取りに関する悩みと共に住宅購入に対する悩みの2大巨頭です。

以下の関連記事の中からあなたの悩みに当てはまる物を参考にしてみてください。
関連記事

住宅ローンについての記事一覧

諸費用・税金

住宅ローン契約に関する諸費用や関連する税金に関しては以下の通りです。

・固定資産税:土地、建物に掛かる税金で毎年納めなければなりません。
関連記事

固定資産税についての記事一覧

・住宅ローン契約や新生活に必要な諸費用:保証料等、多くの項目が有ります。
関連記事

火災保険と地震保険についての記事一覧

住宅ローン諸経費について

新居での新生活の為の諸経費について

・住宅ローン控除:住宅購入後の10年間税金の控除が受けられます。
関連記事

住宅ローン控除についての記事一覧

・すまい給付金:一定条件を満たすと30万円または50万円が給付されます。
関連記事

すまい給付金について

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください