年収300万円台で借金が有っても家は買える

借金問題解消して理想の住宅を手に入れよう

calendar

私は日程的に借金を抱えたままで、
住宅ローンの契約が必要な状況だった為に審査にいくつも落ちました。

ですので、
審査が通った銀行に飛びついて住宅ローンを契約するしかありませんでした。

もずく屋
運よく住宅ローンの審査に通ったとはいえ、
借金完済までとは行かなくても、
少しでも借金問題が解決していれば、
それだけ住宅ローンの審査に通りやすかったのに。
もずく屋
そうすれば住宅ローンの選択肢が広がり、
金利や諸費用が安い住宅ローンを選べる可能性が広がったのに

なんて振り返る事も未だにあります。

私がした苦労をあなたも経験する必要はありません。
住宅購入にむけた借金問題の解決方法についてご紹介しますので是非参考・検討してみてください。

※家庭の事情により、親に頼るは除外してあります。

スポンサーリンク

私の借金の状況

3社から340万円あります。
内訳は・・・
・A銀行 無担保ローン 75万円
・A銀行 カードローン 145万円
・B銀行 カードローン 120万円
となっています。

借金問題解決の方法

任意整理

裁判所を通さずに債権者(お金の貸し手側)と交渉をして、
借金を減らしたり、利息を下げてもらったりする。

個人で行っても相手にされないので、
弁護士や司法書士に依頼して交渉してもらう。

借金の取り立てが止まったり、後述の自己破産や個人再生と違い自治体の破産者名簿への記載も無い。

デメリット

信用情報機関に任意整理の記録が残り、
記録が残る限りはクレジットカードの作成や、ローンの契約が難しくなってしまう。

また、思うような交渉結果にならない場合もあり。

個人再生

民事再生法を個人でも使いやすくした制度。

裁判所に認められた再生計画により、借金を大幅に減額・将来の利息を全てカットして
元金を返済していく。

任意整理と同じような内容だが法律を伴った制度の為、
借金の減額幅は大きい。

自己破産よりも資産の処分も緩い。(条件は色々あるが)

デメリット

信用情報機関に個人再生の記録が残り、
記録が残る限りはクレジットカードの作成や、ローンの契約が難しくなってしまう。

減額後の借金の返済期間が決められるので、現状より返済が増えてしますケースもある。
計画通りの返済が出来ない場合には、再生計画の取り消しも有りうる。

自己破産

借金問題の解決策と聞いて多くの人が思い浮かべるのが自己破産ではないでしょうか。

私もそうでした。

自己破産とは

借金解決の最終手段。
破産法に基づいて裁判所から免責許可決定を貰う。

※免責許可決定
もう借金の返済が出来ないと裁判所から破産開始決定が下された後に、
借金はもう払わなくてよいと決定をうける事。

デメリット

最低限の生活用品以外の財産を処分し、全債権者に平等に返還して終了。
自治体の破産者名簿に記載されてしまう。
(その後は借金の無い普通の生活に戻る事が出来る。)

信用情報機関に自己破産の記録が残り、記録が残る限りはクレジットカードの作成や、ローンの契約が難しくなってしまう。

関連記事
https://myhome360-loan.com/creditinformations-examination/

弁護士に相談

借金問題は個人では解決出来ません。

法律の専門家である弁護士への相談が必要になります。

樋口総合法律事務所

例えばコチラの法律事務所は、
相談料は無料で、全国どこからの依頼に24時間365日対応しています。
簡単な項目を入力して送信するだけなので、
電話申し込みより遥かに緊張せずにすみます。
そして、解決方法の提案までは無料、
債務整理にかかる高い費用も後払い・分割が可能となっています。

おわりに

実際のところ、
借金がある事は確かに住宅ローンの審査にとっては不利な要因です。

しかし、借金問題が解決すれば、
いや解決に向けて動くだけでも住宅購入への道が開けます。

今回紹介した借金問題の解決方法は借金の額によっては解決は難しいかもしれませんし、
いずれも信用情報に記録が残ってしまい、一定期間の間は住宅ローンの契約に支障が出る事が考えられます。

しかし、
マイホーム購入の夢が捨てられない、
住宅ローンの契約に支障が出る数年間を住宅購入に向けての準備期間と割り切る事が出来るなら、

勇気を出して弁護士、司法書士に相談してみてください。

もずく屋
絶対にあなたの力になってくれるはずです。

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください