年収300万円台で借金が有っても家は買える

時には失敗も!! 住宅を購入するまでには山あり谷あり

calendar

住宅の購入までの期間に多くの失敗しや、
手間ヒマ掛かって苦労したなと思った点があります。

今回はそれらについてお話します。

スポンサーリンク

失敗してしまった事

結婚式関係の出費の見積もりが甘くローンの件数が増えた

最初にしっかりと結婚費用を計算してローンを組んでおけば額は変わらないにしても1件のローンで済んだはず。
結局3件に増えてしまったので管理が大変になってしまった。

住宅購入の意思決定までに非常に時間が掛かった

言葉では家欲しいと言っていたものの、行動は全く起こさないまま1年以上。

手付け金(頭金)30万円の準備をカードローンから借りてしまった

仮契約から引き渡しまでは住宅ローン通るかどうかのストレスから、
かなり冷静さを欠いていました。

頭金を準備しなければと言う事で頭が一杯になってしまっていた。

もずく屋
仮審査中にお金を借りる事は今考えるとありえないレベルでの失敗です。
もずく屋
絶対にこんな馬鹿な事をしないようにしてください。

関連記事

借金返済と住宅ローン返済 ライフプランの重要性

個人信用情報で気をつけるべき4点 住宅ローンの本審査の中身

奥さん(家族)との相談・連絡の欠如していた

なんでも自分でやろうとしすぎてしまった。
やらなければならない事が多すぎて冷静でいられない状況でした。
奥さんには嫌な思いをさせてしまって大変申し訳なく思っています。

失敗は無い方が良いに決まっていますが、
住宅の購入は誰でも未経験の事なので、
必ずなにかしら失敗はしてしまうと思います。

しかし奥さん(家族)との連絡・相談を十分に行い、
作業を分担する等して、
少しでも失敗のリスクを減らすようにして下さい。

手間の掛かる点

基本的に仲介業者との打ち合わせは平日、物件の見学や契約関係が土日になる

連絡を取り合う為に休憩時間や昼休みが無くなる事が多い。
休日も住宅関係の事で終わって行く事が増えるのでストレスが溜まりやすい。
家の為とはいえたまには休憩も必要です、
どこかのタイミングでリフレッシュする時間を作りましょう。
あなたのストレス解消は家族のストレス解消に繋がります。
家族に相談して住宅購入に関する事を何もしないで、趣味に費やす日があっても良いと思います。

公的な書類の取得が面倒

役所関係は基本平日夕方5時までなので、
住民票の取得などがやり辛い。

有給休暇を取って1日でまとめて取得するか、外出許可を取るなどして少しづづ取得しないといけない。
※自治体によっては夜間・休日にも申請窓口を開放している場合もあります。

もずく屋
あなたがお住まいの自治体はどうなっているのか調べてみましょう。

おわりに

私の失敗談はいかがでしたか?(;´・ω・)

誰でもやってしまいそうな事から、
普通に考えればありえない失敗まで様々な失敗をしてきました。

もずく屋
この記事を反面教師として役立ててもらえたら幸いです。

Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください