年収300万円台で借金が有っても家は買える

【使わないと損をする】住宅本舗の火災保険の一括比較サービス

calendar

火災保険は住宅ローンの契約に必要な保険です。

家の間取りを決めていたり、契約の為に様々な資料を集めている時に、
さらに火災保険の事まで考えるのは非常に大変です。

そんな忙しい中でも、
たった一度の必要事項の入力で
専任の保険代理店の担当者が
最大16社の保険会社の比較してくれる

サービスがあります。
それが住宅本舗の火災保険一括見積もり依頼サイト
です。

相談しながら付帯補償を選べる

火災保険には様々な付帯補償があり、
付帯補償の有無で得られる保険金は大きく違って来ます。

火災保険のみの一番シンプルな補償だと、
本当に火事(地震が起因の火事は対象外)のみが対象です。

しかし付帯補償を充実しておけば、
地震、大雨による水災、台風による被害、等の様々な
災害による被害にも保険金が出ます。



付帯補償には地震保険、水災等多くの種類がありますが、
全ての補償を自分で考えて決めていくのは大変です。
しかし、
住宅本舗の火災保険の一括比較サービスでは、
専任の担当者が親身になって相談に乗ってくれます。

全ての付帯補償を付ければ当然保険料も値上がりします。
どの補償が自分達に必要なのか、
ご家族、専任の担当者と、相談して決めていく事が重要です。

まとめて比較する事の手順

住宅本舗の火災保険の一括比較サービスを利用する手順は以下の通りです。
1.コチラにて必要事項入力

2.提携先の保険代理店から連絡が入る

3.専属の担当者と見積りの提示を受け、詳細を詰める

4.書類に必要事項を記入して選んだ保険会社と契約

※担当者へ補償内容を相談すれば、
保険会社への連絡は代わりに行ってくれるので、
連絡する事が多すぎてユーザーの負担になる様な事はありません。

担当者から送られてきた資料を見て、
補償内容と保険料を比較すれば、
簡単に最安値で火災保険が契約できます。

注意事項

火災保険(全ての付帯補償を含む)では、建物と家財にそれぞれに保険を掛けなければなりません。

火事で全焼してしまい建物も家財も全て失ったとして、
家財に保険を掛けていなければ、
燃えてしまった家具、家電、衣類には保険金は出ません。

建物に保険をかけ忘れる事は無いと思いますが、
家財への保険は注意してください。

↓↓実際に利用した火災保険の一括比較サイトの詳細はコチラ↓↓

「イッカツ あなたの火災保険」 体験談

「イッカツ あなたの火災保険」 利用手順と必要な資料


Google検索


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください